So-net無料ブログ作成

sazare ishi means small stones [society]

「さざれ石」って知ってますか?「君が代」に出てくる「さざれ石の巌となりて」のあの細石です。

さざれ石(細石)とは、炭酸カルシウムによってくっ付いたもので『石灰石』なのだそうです。それで「さざれ石」は「巌」になるのだそうです。 学名『石灰質角礫岩』。

さざれ石 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/さざれ石

さてはて何で「さざれ石」の話題なのかと云うと、先日、御祓いに神社に行きました。厄除けをしてもらうためです。困った時にだけ神頼みする探偵は、神社でちゃんと御祓いをして頂のは初めての経験でした。何だか重々しい空気の中、神職の方が神様に祝詞(のりと)を申し上げるという儀式を行いました。長めの祝詞を上げている間に考えていた事は、この御本殿にて御祈祷するという儀式は、太古の昔から行われてきたんだろうなぁ。と感慨に耽りました。御本殿に入る前には身を清める儀式などがあり、さらに神道であるが故に御本殿には鏡が祭られていて、四方には四神である青龍、白虎、朱雀、玄武がその方角に居られました。そして「さざれ石」もそこにありました。

神道 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/神道

四神 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/四神

御祈祷が終わった後、御本殿に飾られている「さざれ石」について神職が説明してくれました。これがあの国歌に出てくる「さざれ石」だと。そしてココに飾っている意味というのは、

『人は一人では生きていけないものです。家族やご近所さんや自分の周りに居られる方々によって支えられているのですよ。「さざれ石」のように。ですから、ご自分のお近くに居る人を大切にして下さいね。』

というお話でした。その象徴としての「さざれ石」なのかぁ。深く納得した探偵は帰路につきました。探偵の考えていることもまんざら間違いでもなさそうです。

前の日記。Bad Kin-chan, Reverse Kin-chan, Murakami Yoshiaki
http://blog.so-net.ne.jp/kudo_detective_office/2006-05-26

形式というか手順というか「御祈祷するという儀式」についてですが、非常に手間の掛かったものでした。普段は形式張ることは面倒で大嫌いなのですが、「御祈祷する」というこのことに関しては、重要な事に想えました。それは「御祈祷する」というのは神妙な心持になるということであり、取りも直さず自分を見直すという事だと想うからです。つまり、形式であるいくつもの手順を踏まえて「時間」を経ることで、そういった気持ちに変化するということだと。その「時間」のための形式なんだということです。たぶんそういうことなんでしょう。形式も必要な時があるんだなぁ。と考えさせられました。

 

ここで「さざれ石」の話題は終了と思いきや、もうちょっと続きます。
「さざれ石」がよく話題になるのは「国旗・国歌法案」についてでしょうし、それに端を発して「国家」そのものについて言及されている(極左)の方も居ます(「さざれ石」でググルと判りますよ)。そして、遂にはこんなものまでがあるそうです。「替え歌」だそうです。

「君が代」替え歌流布 ネット上「慰安婦」主題?
http://www.hyuki.com/t/200605.html#i20060530081726

「君が代」替え歌流布 ネット上「慰安婦」主題?
http://www.sankei.co.jp/news/060529/sha009.htm

「きみがよは ちよにやちよに さざれいしの いわおとなりて こけのむすまで」

を、

「Kiss me, girl, your old one. Till you're near, it is years till you're near. Sounds of the dead will she know? She wants all told, now retained, for, cold caves know the moon's seeing the mad and dead.」

と唄うそうです。

「従軍慰安婦」や「戦後補償裁判」などをモチーフにした内容だそうです。
卒業式、入学式での国旗掲揚、国歌斉唱に反対する運動を展開するところから発祥したものらしい。中には「国家は殺人を強いるものだと伝えるための歌」とする方も居るとの事。

「国家は...」というのも、あながち間違いではないのだと想うというか実際そうだけれども、もっと違う抵抗の仕方ってあるんじゃないかな?これでは何も伝わって来ないと思うし、何より綺麗じゃないから。何でそれより何で英語にするのかな?日本語で替え歌作ればいいのに。

そういえば「アナーキー」ってパンクバンド居ましたね。

アナーキー

アナーキー

  • アーティスト: アナーキー
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 1994/02/23
  • メディア: CD

探偵も良くその場の即興で詰らない替え歌創って唄うけど、別にこの替え歌には興味は無いです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0