So-net無料ブログ作成
検索選択

Feeder, The Singles, Firebird, Buck Rogers [rock]

ジャケ買いです。

ファイヤー・バードを思い切り弾き鳴らす姿が好印象。
このバンドは初めて聴きましたが、こちらは10年選手だそうです。

People in Planesを探しにいった時、Flyleafを見つけてその横にあったこのCDもジャケ買いした訳です。

CDはシングルの総集編というベスト盤にオマケのDVD付きという盤を買ったのですが、CDが20曲なのにDVDのプロモが26曲という本末転倒な太っ腹のボーナスでした。プロモーション・ビデオを見るのが一番楽しいので嬉しい誤算ですが。

ザ・シングルズ(2ヶ月間限定生産盤)(DVD付)

ザ・シングルズ(2ヶ月間限定生産盤)(DVD付)

  • アーティスト: フィーダー
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2006/05/17
  • メディア: CD

ポップでキャッチーなストレート過ぎるくらいのロックです。多作なのも好感がもてます。既に5枚のフル・アルバムに加えて多数のシングルも発表しています。今回のそのシングルA面のベストでしょう(B面の裏ベスト盤もあった様子)。

当初のバンド・メンバーは、

Grant Nicholas - Vocals, Guitar
Jon Lee - Drums
Taka Hirose - Bass

でも、3ピースバンドではなくギターやキーボードのサポートメンバーも居る様子です。

2002年にドラマーのJon Leeが自殺したそうです。

メンバーは二人になってしまいますが、その後ドラマーをメンバーに加えます。

この頃の曲がこのCDの1曲目の'Come Back Around'で、このプロモがこのCDジャケットにもなっています。このプロモでは勢いのあるストレートなロックな曲と伴に、ギターとベースの二人が弾きまくっています。ドラムは後ろ向きに叩いているのですが。。。女性のドラマーで、1人かと思いきや、2人、3人、4人居ます。4人の女性のドラマーが叩きまくっています。このシングル・コレクションCDは、ドラマーへの鎮魂歌なのかもしれません。そしてこれからの再出発を意味するのでしょう。

5thアルバムから正式に入ったドラマーが、Mark Richardsonだそうです。

現在のバンド・メンバーは、
Grant Nicholas - Vocals, Guitar
Mark Richardson - Drums
Taka Hirose - Bass

'Come Back Around'は特にカッコイイのですが、加えて'Buck Rogers'という曲は聴いた事あります。これもカッコイイ。ところで'Buck Rogers'ってあのバック・ロジャース?ですよね。

Buck Rogers
http://www.buckrogers.org/index.cfm

バック・ロジャースって(もしくはキャプテン・ロジャース)知ってますか?知らないですよね?

Feeder
http://www.feederweb.com/

フロントマンのインタビューもどうぞ。

60 SECONDS: Grant Nicholas
http://www.metro.co.uk/fame/interviews/article.html?in_article_id=18036&in_page_id=11

楽曲はポップなメロディでしかもストレートすぎてコッパズカシイ気もしますが、素直が一番かもしれません。悪くはないですよ。機会があればプロモでも御覧下さいな。

前の日記。

Flyleaf
http://blog.so-net.ne.jp/kudo_detective_office/2006-09-21

People in Planes
http://blog.so-net.ne.jp/kudo_detective_office/2006-09-20


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(7) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7