So-net無料ブログ作成

Loudness 25th Anniversary New Album "Breaking The Taboo" [japanese heavy metal]


購入すべきか?まだ迷っています。

つい先日知りましたが、ラウドネスの新譜が既に発売されております。

『ファン待望の2年ぶり、20枚目の25周年記念オリジナルアルバムリリース! 4半世紀を紐解くメロディアスハードナンバー満載の快作!』

25周年だそうで、本当におめでとう御座います。
そう云えば、マイケルシェンカーも25周年でしたね。

Michael Schenker Group 25th Anniversary
http://blog.so-net.ne.jp/kudo_detective_office/2006-04-23-1

BREAKING THE TABOO

BREAKING THE TABOO

  • アーティスト: LOUDNESS
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2006/12/27
  • メディア: CD

LOUDNESS is :

二井原実 Minoru Niihara (vocals)
高崎晃 Akira Takasaki (guitar)
山下昌良 Masayoshi Yamashita (bass)
樋口宗孝 Munetaka Higuchi (drums)

LOUDNESS
http://www3.livemedia.co.jp/loudness/

先日TVに久々に登場するらしいので、友人のまん*ちゃんに頼んで録画して貰いました。昔のナンバーもやっていてオリジナル・メンバーでオリジナル・チューニングで。ESPのギターが眩しいぜ。懐かしい。

夜更かしライブ缶 LOUDNESS LIVE~25th Anniversary
http://www3.nhk.or.jp/hensei/program/p/20061223/001/12-2300.html

探偵は、独り上京する時に"DISILLUSION~撃剣霊化"をカセットで聴きながら、初めての山手線を乗った記憶があります。しばし回顧。話長くなるので今回は止めときます。この話はまた何時か。

問題は、この新譜を購入すべきか否か?まだ迷っています。
レコード屋で現物も視認したのですが、躊躇してしまいました。
中後期のものもあまりもってないしネ。
今回は本当にメロディあるんだろうか?あるんですよね?んでどの程度?

『赤頭巾ちゃん御用心♪用心しなけりゃ駄目ぇーさー♪』ってな位、用心深くなっております。

でもやっぱり買うんだろうな、アマゾンでポチットな。

GOLDEN☆BEST

GOLDEN☆BEST

  • アーティスト: レイジー, LAZY, 森雪之丞, 馬飼野康二, 松任谷由実, 都倉俊一, 杉山政美, なかにし礼
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2004/12/22
  • メディア: CD

前の日記。

Michael Schenker Group 25th Anniversary
http://blog.so-net.ne.jp/kudo_detective_office/2006-04-23-1


nice!(3)  コメント(13)  トラックバック(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 13

ぐらはむ

ラウドネスはハリケーンアイズが好きでした。
ニイハラ〜。
コロコロになっちゃってますね。(悲)
でもよく考えたら(インギーのアルバムで)私の好きなマイク・ヴェセーラもラウドネスにいたんですよね。
どんな感じなんだろう。
by ぐらはむ (2007-01-10 16:35) 

のんたん

>『赤頭巾ちゃん御用心♪用心しなけりゃ駄目ぇーさー♪』ってな位、用心深くなっております
笑ってしまいました。ああ~、ミッシェル~!
by のんたん (2007-01-10 17:32) 

ハードロック芸人

初めまして。ハードロック芸人といいます。
このCD、僕は今日買いました。

>今回は本当にメロディあるんだろうか?
うーん、今回もメロディアスではないです。
僕は、SPIRITUAL CANOE 〜輪廻転生〜の方が
メロディアスだと思います。
結局、最近のラウドネスらしい作品だと思います。

初めてなのに長々とすいませんでした。
by ハードロック芸人 (2007-01-10 21:06) 

工藤俊作

ぐらはむ サン:Hurricane Eyesデスカ?S.D.I.デスネ。そうそ、Mike Vescera居ましたよ。Soldier Of Fortuneデスヨ。悪くないですよ、ってか良いデスヨ。そのMike VesceraがLOUDNESSクビになった後がインギーっていうのも出世だったかもですね。しかも(インギーの奥さんを)間男したのが原因でまたクビになった(らしい)というのが漫画というか道化デスヨ。お前はリーマンかよ!って感じですが、まぁ奴も色男ってことで。そうそ、喜国雅彦がジャケットイラストでパロってましたよ、Mike Vescera(山田君も出てました)。そういうサイドストーリーも然る事ながら、もうちょっと本業である音楽の本番(ライブ)で頑張れる度胸も必要でしたね。ラウドネス話は尽きないのでまた今度にでも。
探偵の工藤より。
by 工藤俊作 (2007-01-12 00:30) 

工藤俊作

のんたん サン:レイジーと言えばポッキー!デスヨ。ミッシェルーは、既にチャーラー♪ヘッチャラー♪の方が知名度ありますデスネ。ちなみに、レイジーは『赤頭巾ちゃん御用心』で新人賞レースを戦いましたが、レイジーに勝ったのは、石野真子でありました。受賞曲は『狼なんて怖くない』。やっぱり狼よりも赤頭巾ちゃん強しってオチで御座います。チャンチャン。
探偵の工藤より。
by 工藤俊作 (2007-01-12 00:42) 

工藤俊作

ハードロック芸人 サン:はじめまして。というか良くお見かけさせて頂いております。新譜情報有り難う御座います。「最近のラウドネスらしい」という事で、やっぱりというかたぶん想像通りな気がします。"SPIRITUAL CANOE"の方がメロディアスですか?やっぱり微妙デスネ。そこでタイトル曲の"BREAKING THE TABOO"が試聴出来たので聴いてみましたが、やっぱり微妙デスネ。

ココで試聴出来ます。イントロの44秒しか聴けないデス。
http://www.tkma.co.jp/tjc/loudness/index.html

探偵の工藤より。
by 工藤俊作 (2007-01-12 00:51) 

のんたん

そうなんですか!そんなオチがあったなんて知りませんでした!
新人賞を争ってたのかー・・・
そして、チャーラー♪ヘッチャラー♪ってのも知らないんです・・・
8時だよ全員集合で、ミッシェルかっこいい~って思った記憶が・・・
by のんたん (2007-01-12 15:09) 

工藤俊作

のんたん サン:過去の記憶は往々にして美化される事があります(笑)。探偵も『8時だョ!全員集合』観てましたヨ。
探偵の工藤より。
by 工藤俊作 (2007-01-14 22:23) 

「レイジーと言えばポッキー!」に一票!
アナログでレイジーのラストアルバム持ってます。
音はいまいちでしたが…テンションが高かった…記憶があります。
by (2007-01-17 11:56) 

工藤俊作

如月ミト サン:「レイジーと言えば」で思い出しましたが、「宇宙船地球号」がありましたね。このアルバムはアイドルじゃなくてラウドネスの前身でもあります。久々に聴きたくなりました。
探偵の工藤より。
by 工藤俊作 (2007-01-17 20:28) 

工藤俊作

のんたん サン:そうそ、忘れてたけどミッシェルは影山ヒロノブ(景山浩宣)です。チャーラー♪ヘッチャラー♪は、『ドラゴンボールZ』のテーマ曲『CHA-LA HEAD-CHA-LA』です。聴いたことないでしょうけど。現在では新アニソン歌手となっております、ミッシェル。
探偵の工藤より。
by 工藤俊作 (2007-01-18 00:18) 

NEJC

Loudness is my favourite band!! I'm from Slovenia(europe), LONG LIVE LOUDNESS, let it be another 25 years, and more! ROCK SHOCKS, MORE AND MORE!!!!
by NEJC (2007-01-21 08:30) 

工藤俊作

NEJC:Thanks for your comments from Slovenia. Japanese Heavy Metal is started from LOUDNESS. Now, many Heavy Metal Bands are in Japan. Maybe, you already knew "EUROBOUNDS(1984 Europe Live in Amsterdam of Netherlands". It's NOT bad. Especially I like early LOUDESS until 4th album. 25 years gone, LOUDNESS live still here. This LOUDNESS New Album is 20th. As your saying, They are still ROCK SHOCKS! Rock'N'Roll goes on forever.
Bye-Bye.
From Kudo Shunsaku.
by 工藤俊作 (2007-01-21 19:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4