So-net無料ブログ作成
検索選択

The Alarm, Standards, Marching On, Sixty Eight Guns, Where Were You Hiding When The Storm Broke? Rock Sprits from Wales, U.K. [post punk]

ウェールズからのロック魂。

Rock Sprits from Wales, U.K.

先日レコード屋で散策している際に再発見したのが、アラーム(The Alarm)です。CDになっていたんですね、知らなかった。懐かし過ぎる。大好きなバンドの一つでした。The Alarmのコーナーに何枚か置いてあるCDを探してみると、持っていた1st Albumは無く、知らないアルバムが数枚。でも1st Albumの曲を聴きたくてベスト盤を購入しました。

Standards

Standards

  • アーティスト: The Alarm
  • 出版社/メーカー: IRS
  • 発売日: 1990/12/01
  • メディア: CD

このバンドは、勿論はっきりと覚えています、1st Albumの"Declaration"が1984年リリースです。探偵といえばその頃、ヘビィ・メタルが少し食傷気味で、すっかり(U.K.そしてヨーロッパ等の)インディーズに宗旨替えしていた頃ですから。札幌にある"U.K. Edison"という輸入版レコード屋に通っていました(今でもあるのかな?)。やけに古臭いジャケットがその音をアピールしている様でした。ジャケットでしか顔みた事がないけど、パンクの洗礼を受けたポスト・パンク時代です。その立てた髪が少し伸びているのが印象的でした。

1st Albumも再発している様子です。本当はこれが欲しかったんです。思わず注文してしまいましたよ。コレが届いたらまたお知らせでもしますね。

Declaration: 1984-1985

Declaration: 1984-1985

  • アーティスト: The Alarm
  • 出版社/メーカー: 21st Century
  • 発売日: 2001/11/05
  • メディア: CD


The Alarm is:

Mike Peters: Vocals, Guitars, Harmonica
Dave Sharp: Guitars
Eddie MacDonald: Bass
Nigel Buckle "Twist": Drums

The Alarm
http://www.thealarm.com/

西部劇のような装いでアコースティックギターを抱えたその姿の通り、音はストレートなロック。魂が籠もった力強い歌声が心に響いてきます。

その頃、ポスト・パンクの時代、多くのバンドは更に過激さを増し、そしてアプローチも多岐化していきました。その中で本来のストレートなロックに立ち戻ったバンドもいくつかいました。ビッグ・カントリー(Big Country)やウォーター・ボーイズ(the Waterboys) です。初期のU2にも酷似します(まだ魂が抜けてない時のU2ね)。彼等に共通するのは「真っ直ぐなおおらかさ」といった風味でしょうか?

当時の事しか知らなかったけど、どうやらアラーム(The Alarm)は荒波を乗り越えて活動していたようですが、既に解散している様子。1991年解散だそうです。解散後、マイク・ピータース(Mike Peters)やデイブ・シャープ(Dave Sharp)は、ソロや別のバンドで活動しているようです。

今でも彼等の歌声と演奏が新鮮に聴こえてきます。
是非、お試しあれ。

追記:

マイク・ピータース(Mike Peters)が癌と戦ってる。

Alarm Frontman Fights Cancer
http://billboard.com/bbcom/news/article_display.jsp?vnu_content_id=1001738242

"My outlook for the future is still the same as for any healthy person of my age. The only difference is that now I have to learn how to live with cancer," says Peters, who intends to detail his treatment in a diary on the Web site. "If I respond well to the chemotherapy, I can hopefully put the cancer into remission for another 10 years or even longer."

こいつは本当に魂の男だ。
最初にレコードから聴こえてきた彼の声には魂が籠もっていた。
間違いではなかったんだ、奴が愚直なほど真っ直ぐだってことが。
頑張れ、マイク・ピータース(Mike Peters)。
お前の魂の叫びを聴かせてくれ。

Where Were You Hiding When The Storm Broke?

前の日記。

コメント欄をご覧下さい。
http://blog.so-net.ne.jp/kudo_detective_office/2006-10-22-1#comments

This is the Turntable can play sound of old vinyl Record with USB, iTTUSB
http://blog.so-net.ne.jp/kudo_detective_office/2006-05-17-1


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。