So-net無料ブログ作成
検索選択

Marino, Battle of Metal, Target, Marino II, Marino III -From All of Us, to All of You-, Marino Complete Best, Hybrid!, Marino Discography. [japanese heavy metal]

強いインパクト。

impact.

何度も繰り返しますが、関西ヘビィメタルの雄と云えば、44マグナム(44 Magnum), マリノ(Marino), アースシェイカー(Earthshaker)。

そして「関西からの重戦車」と称されたマリノ"Marino"。

「重戦車」というのはボーカルのパワフルでハスキーなスタイルでの形容です。でもメロディやリフは繊細でバリエーションに富んでいて、EarthshakerやLoudnessとも違う独特なスタイルです。ギターは大谷レイブンで、彼は「ストラトキャスターの魔術師」とも呼ばれていました。これは彼の独特のセンスによるものなのでしょう。

聴きたくなって購入しようと想ったらこのベスト盤が発売されてました。

Complete Best

Complete Best

  • アーティスト: MARINO
  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 発売日: 2001/06/27
  • メディア: CD

勢いに乗ってしまい、オリジナル盤を入手しようと想ったら、既に廃盤なんですね。最近(2003年頃)、再発売されたらしいのですが既に入手不可です。ですが、これまたiTunes Storeで購入出来るの発見(!)しましたので早速、入手しました。勢いで全部買っちゃいましたよ。恐るべしオンライン・ストア。そこで、ついでにディスコグラフィです。

彼等は関西若手メタルグループのオムニバス"Battle of Metal"で登場しました。
マリノ(Mrino), セクシャル(Sexual), ラジャス(Rajas), ハリー・スキュアリー(Hurry Scuary).

Omnibus "Battle of Metal" [Release 1984]

そして彼等の怒涛のリリース。

1st Album "Target" [Release 1984]

2nd Album "Marino II" [Release 1984]

3rd Album "Marino III -From All of Us, to All of You-" [Release 1985]

Last Live Mini Album "Hard and Rough" [Release 1985]

Marino is :

吉田隆  レオ(Leo) - Vocals
大谷令文 レイブン(Raven) - Guitar
鎌田学  カマタ(Mr.Kamata) - Bass
板倉淳  ジュン(Jun) - Drums

Marino
http://sound.jp/marino/

大谷レイブン
http://homepage3.nifty.com/wishingwell/ohtani.htm

実質的な活動期間はたった2年なんですね。それにしても強いインパクトでした。

そして近年、彼等も他のバンド同様に再結成してアルバムもリリースしていました。これはCDで入手しました。

4th Album "Hybrid!" [Release 2004]

HYBRID!

HYBRID!

  • アーティスト: マリノ
  • 出版社/メーカー: エクスプロージョンエンテイメント
  • 発売日: 2003/08/20
  • メディア: CD

姿、形は経年劣化も激しい(禿げしい?)ですが、音が変わってないです。これもまた「おつ」デスヨ。

でも基本は、

あぁー、もーぅーいーちぃーどぅ、すべてをー、かけてぇー♪
あぁー、もーえーるぅよおーなぁ、つよーいっ、インパクトォー♪

カッコイイー♪インパクトォー♪

彼等は曲がカッコイイんですよね。まさにストロング・スタイル(Strong Style)です。

ところで大谷レイブンは「ストラトキャスターの魔術師」と呼ばれていましたが、レスポールの印象が強いのはたまたま観たのがレスポールを弾いているところだったからでしょうか?


つづく、かもしれません。

前の日記。

Earthshaker, Sokoni Aru Uta, Kaze No Ne, Tsuyoku Sake, Poetry which is there.
http://blog.so-net.ne.jp/kudo_detective_office/2007-03-04

Earthshaker, New Album "AIM" Release
http://blog.so-net.ne.jp/kudo_detective_office/2007-02-20


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 4

かなりコアなところですが、僕にはぐっときましたよ。
高校生の頃、アランホールズワース(!)のライブを見に行ったときに同じ会場でレイブン氏を見つけて握手をしたことを今でも覚えています。完コピできないギタリストのうちのひとりでした。ギターを歌わせることのできる方です。いやぁ、懐かしい。。
嬉しいのでポチッ
by (2007-04-14 01:31) 

工藤俊作

SGMAN サン:はじめまして。大谷レイブン独特ですよね。ギター一本で個性がこれだけ溢れ出てるのも珍しいです。なんといっても曲が良いのですけど。カコイイです。懐かしいです。そんで今聴いてもカコイイです。
探偵の工藤より。
by 工藤俊作 (2007-04-14 20:05) 

ハードロック芸人

マリノは、曲は知らないです。ただしメンバーの誰かが禿げてたような気がします。私、間違えてる?
>「ストラトキャスターの魔術師」
なんかブラックモアっぽいけど違うんですね。
私の弟は自分の事を「アイバニーズの暴走機関車」と呼んでます。
by ハードロック芸人 (2007-04-19 01:24) 

工藤俊作

ハードロック芸人:弟さん「アイバニーズの暴走機関車」良い名前です。ちょっとラジカルなパンク風味です。もしくはデス・メタル?さてはてハードロック芸人はどんな愛称がつくのでしょうか?
探偵の工藤より。
by 工藤俊作 (2007-04-19 12:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0