So-net無料ブログ作成
検索選択

Munetaka Higuchi, LOUDNESS Drummer, Japanese Heavy Metal Soldier, The SAMURAI Died at November 30th, 2008. Only 49 years old. Requiescat in Pace. [japanese heavy metal]

Requiescat in Pace, Munetaka Higuchi.
Soldier Of Fortune, Crazy Samurai.
Thank you for your Marvelous Drumming.


2361346

ラウドネスのドラマーの樋口宗孝さんが2008年11月30日にお亡くなりになられました。
享年49歳、早すぎる旅立ちです。彼のパワフルなドラムがもう聴けないのは寂しいものです。
追悼記事書かせて頂きます。







突然の訃報で驚いてしまいました。
闘病生活をされていることは聞き及んでいましたが、突然のニュースでした。復活に向けて闘っている最中の出来事だったからこそ、尚の事残念で成りません。でもこれまで素晴らしいドラミングを聴かせてくれて有難う御座いました。安らかにお眠り下さいませ。謹んで御冥福をお祈り致します。

ラウドネス樋口宗孝さん肝細胞がんで死去 [2008年12月2日]
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200812020027.html

生ける伝説のドラマー、樋口宗孝死去に悲しみの声
http://news.ameba.jp/weblog/2008/12/23716.html

LOUDNESSのリーダーでドラムスの樋口宗孝が肝細胞がんのため死去
http://www.bounce.com/news/daily.php/17073

復活意欲も…ラウドネス樋口宗孝さん死去
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20081201011.html

LOUDNESSドラマー、樋口宗孝死去
http://www.werockcity.com/blog/rock69bee/2008/11/loudness.php

LOUDNESS Drummer MUNETAKA HIGUCHI Dead At 49 - Nov. 30, 2008
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=109888

LOUDNESS、樋口宗孝、海外でも惜しまれる
http://www.werockcity.com/blog/rock69bee/2008/12/loudness_1.php


LOUDNESS is :

二井原実 Minoru Niihara (vocals)
高崎晃 Akira Takasaki (guitar)
山下昌良 Masayoshi Yamashita (bass)
樋口宗孝 Munetaka Higuchi (drums)

LOUDNESS
http://www.loudness.jp/

彼の在りしの勇姿が観れます。

MUNETAKA HIGUCHI (LOUDNESS) ~DRUM SOLO Vol.3 on YouTube
http://jp.youtube.com/watch?v=zgpziaFqVF0

MUNETAKA HIGUCHI / 樋口宗孝 ~ SPECIAL / Vol.8 on YouTube
http://jp.youtube.com/watch?v=3Hb-0kKMK_0

2361349

探偵にとってのラウドネスは、故郷である北の国からのロケ地の傍らである蝦夷地中心部から単身上京してくる際に不安で心細くなる気持ちとこれから待ち受ける刺激に希望を与えてくれたのは、当時リリースされていた彼等の 4th album 『DISILLUSION~撃剣霊化』でした。

このLPをカセットテープに録音して、田舎で買った安物(バッタもの)のウォークマン(もどき)に入れて聴いて山手線を初めて乗ったことを想い出します。田舎ものだとバレないように、精一杯虚勢を張るために、 "Crazy Doctor", "Satisfaction Guaranteed", "Dream Fantasy" これら佳曲揃いのアルバムの楽曲を何度も何度も繰り返し大音量で聴いて気合いを入れて大都会を闊歩していたのです。孤独なロック少年に勇気をくれたこのアルバムは特に想い入れが強いのです。

Loudness - Crazy Doctor on YouTube
http://jp.youtube.com/watch?v=Jf_68fvrnp4&feature=related

LOUDNESS - MILKY WAY on YouTube
http://jp.youtube.com/watch?v=9HyJJXiWFR8&feature=related

LOUDNESS - DREAM FANTASY on YouTube
http://jp.youtube.com/watch?v=H-3Jdb65wVU

この『DISILLUSION~撃剣霊化』アルバム自体も彼等が成長していく過程が反映されていて、その様は誕生から一人前の戦士になるまでがアルバム・ジャケットのストーリーに反映されています。4枚のリリースを経てその時点での戦闘準備万端の状態が如実に浮き彫りにされ、その音に攻撃力がそのまま見て取れます。彼等はこの後、米国に殴り込みをかける訳ですが。

4th Album "DISILLUSION" 「撃剣霊化」
2361358


DISILLUSION(撃剣霊化)(紙ジャケット仕様)

DISILLUSION(撃剣霊化)(紙ジャケット仕様)




探偵にとってのラウドネスは、特にレイジー以降の初期5枚目までリアルタイムで影響されたのです。
次回、追悼の意を込めてディスコグラフィを記載したいと想います。

higuchi_stand_gray.jpg

もう樋口宗孝さんの強力なドラムを聴けないと想うと寂しい気持ちになります。重ねて御冥福をお祈りさせて頂きます。

R.I.P. Mr. LOUDNESS, Munetaka Higuchi.

前の日記:

Loudness 25th Anniversary New Album "Breaking The Taboo" 
http://kudo-shunsaku.blog.so-net.ne.jp/2006-12-30

Earthshaker, New Album "AIM" Release
http://kudo-shunsaku.blog.so-net.ne.jp/2007-02-20

E.Z.O. a.k.a Flatbacker from Northern Island, EZO.
http://kudo-shunsaku.blog.so-net.ne.jp/2006-10-21

Earthshaker, Decade -Super Best Album- , Radio Magic, Midnight Flight and More.
kudo-shunsaku.blog.so-net.ne.jp/2006-10-18-1


2361348
タグ:HeavyMetal JAPAN
nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 5

のんたん

その日、職場でインターネットをつらつらと見てたらこのニュースが目に入って
びっくりして『ええっ?』と声を出してました。
私はLOUDNESSの音楽はあまり好きではなかったので、もきちんと聴いたことがありません。でもあの時代に音楽を聴いていれば、おのずと彼らのすごさは目にしてたわけです。闘病されてるのもニュースで見ましたが、本当にびっくりしました。安らかに眠ってほしいです。
探偵さんの青春を彩る音楽なのですね。色んな思いが交錯しますね。
そういえば、大阪ドームでマイク・ヴェセーラ時代のライブを見たことがあった
のを思い出しました・・・・
by のんたん (2008-12-04 00:07) 

工藤俊作

のんたんサン:ラウドネスあんまり聴いたことないんですね。日本のヘビィメタル創世記の時代ですもんね。当時は我先にと現れたバンドの猛者達で群雄割拠の状況でしたが、ラウドネスがシーンを牽引していたことは間違いないでしょう。他にも良いバンド一杯いましたよ。でもマイク・ヴェセーラ時代のライブは観たのですね。音楽が、その時の気持ちや情景とリンクして思い出になっているのでしょうね。仰るように想いが交錯します。いつかまたご紹介したいと想います。そして樋口さんが逝くには、まだ早すぎると想ってしまいます。でも闘病は大変だったことでしょう、きっと。安らかに眠って欲しいです。探偵の工藤より。
by 工藤俊作 (2008-12-04 01:18) 

ハードロック芸人

ラウドネス大好きです。後追いが許されないロックバンド。

樋口さんのリズム感は、オリジナルメンバーに浸透してるんでしょうね。マークンとひぐっつあんのTAGは世界レベルのロックリズム。
by ハードロック芸人 (2008-12-13 01:39) 

SGMAN

リアルタイムにラウドネスを経験した世代なので時代がまたひとつ終わった感があります。
しかしあまりに終わりが早すぎる。残念でなりません。
by SGMAN (2008-12-31 02:34) 

工藤俊作

ハードロック芸人サン:独特の世界がありますよね。曲を聴いててそう感じます。初期の独特の暗さから、米国進出しても、そしてメンバーチェンジに紆余曲折、、、中略(次回記事にて詳細記載予定にしておきます)、、、樋口さんも一時脱退したし、でもオリジナルメンバーでの復活と。でも彼等の音はいつも独特でしたね。
SGMAN サン:正直、探偵はラウドネスを聴いてない時期もありましたが、現役で頑張っていた極少ないバンドでした。だからこそ凄く頑張ってきたんでしょけど、思い返すとあっという間で終わりが早すぎましたね。
一時代が終わった感はありますが、残ったメンバーも踏ん張って欲しいです。時代は巡って繰り返すものですしね。
探偵の工藤より。
by 工藤俊作 (2009-01-08 23:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。