So-net無料ブログ作成
検索選択

Look Homeward, Angel / Ann Lewis [japanese rock]

天使よ故郷を見よ / アン・ルイス

アン・ルイス,天使よ故郷を見よ [B2].jpg


Look Homeward, Angel / Ann Lewis



ゴールデンベスト 1982-1992.jpg

実は「天使よ故郷を見よ」というタイトルで真っ先に思い出すのは、「アン・ルイス」(Ann Lewis) の楽曲です。「天使よ故郷を見よ/FOUR SEASONS」(1987年リリース)は発売当時 7インチというサイズの 45回転のドーナツ盤(シングルレコード、EP盤)を買いました、今も持っています。

五月雨の強い雨音のような鍵盤によるアルペジオで関心を惹きつけ抑え気味にブーストしたくぐもったベースラインが絡む所から始まるイントロは一聴しただけで期待が増してしまいキャッチーなメロディーを奏でるハードなギターリフが続きます。この巧妙なキャッチーさは「アースシェイカー」"EARTHSHAKER" のマーシー(西田昌史)が作曲を担当しているので得心が行きます。マーシーの手によるこの流麗なメロディーは心捉えて離してくれませんし、「歌謡ロック」というジャンルを作り上げてアイコンとなった「アン・ルイス」(Ann Lewis) が歌うのにピッタリの楽曲です。

アン・ルイス,天使よ故郷を見よ [B2].jpg


そして見栄えとなる商品としての装丁についても言及したいのですが、ドーナツ盤なので印刷されたカラーの上質紙が一枚入っているだけのジャケットです。でも色付きの紙っぺらであってもそのジャケット写真がとてもカッコイイです。桜の花びらをイメージさせるように全体がピンク色でその満開の桜の色味をよく見ると花びらの替わりに鋭利に尖った鋲(びょう、スタッズ)が背景を埋め尽くした中にスタッズだらけのライダースの革ジャンを身に纏い(まとい)鋲に囲まれるように腕で顔を隠し伏し目がちで上目遣いに睨んでいるポーズが決まっているアン・ルイスの有様が、"Realities Of War" の「ディスチャージ」(Discharge) や "Give Me Fire / Man Trap" の 「チャージド・ジービーエイチ」(Charged G.B.H) の EP 盤を髣髴とさせるハードコア・パンク "Hardcore punk" のテイストを醸し出しているのをジャケット写真から感じたので見た瞬間にジャケ買いだったのかもしれません。

Discharge,Realities Of War.jpgCharged G.B.H.,Give Me Fire _ Man Trap.jpg

思い返せば彼女のデビュー曲「白い週末/白い街サッポロ」での胸に大きな蝶々の刺繍がついた赤いワンピースで和やかに微笑む牧歌的な画からは月日が流れて時代と共にジャケット写真も移り変わっていました。

白い週末.jpg

購買においてジャケット写真がアピール要素であったのは間違いないのですが、レコード屋さんで「天使よ故郷を見よ」のドーナツ盤を探したのは、宝飾品を販売する「銀座ジュエリーマキ(三貴)」の主力商品である「カメリアダイアモンド」のTVコマーシャル・ソングとして流れていたのを聴いていたからだと思います。アン・ルイスのレコードで持っているのはこれだけですので、ジャケ買いだったというのは思い込みか失念による勘違いで多分テレビで曲を耳にしていてそのサブリミナル効果(楽曲がとても良かったの)が手に取る切欠であり、それがレコード購買に結びついたのだろうと曖昧な記憶を基に自分の行動を推理してみました。


当時を思い起こせば、「銀座じゅわいよ・くちゅーるマキ(銀座ジュエリーマキ)」のコマーシャル・ソングでヒットした楽曲は沢山あって引っ切り無しに流れていた筈です。テレビから流れるキャッチーなメロディーには、氷室京介(ヒムロック)や田村直美(SHO-TA)の歌声が浮かびましたが、日本のロックバンドでも ZIGGY や GLAY もタイアップで楽曲提供していたと思い出しました。勿論、安室奈美恵や相川七瀬など洗練された女性シンガーは貴金属のイメージに合致するので採用されたのも頷けますが、そこで大御所の矢沢永吉も登場していた筈です。何故、永ちゃんがタイアップされたのかという決め手は知りませんし貴金属だからゴージャスなイメージと合致するという理由なのかも定かではないですが、カッコイイのは間違いないので良いのでしょう。数え上げればキリがない程楽曲があったような気がして来たので、今度は少しこの辺の日本のロックや歌謡曲を掘りこしてみようかと思っています。

ところで「天使よ故郷を見よ」というタイトルについて「アン・ルイス」(Ann Lewis) のシングルリリースを時系列で読み解くと、



「六本木心中」は、近松門左衛門の「曽根崎心中」を擬えた日本文学(浄瑠璃)、
アン・ルイス,六本木心中.jpg


「あゝ無情」は、「ヴィクトル・ユーゴー」(Victor Hugo)の「レ・ミゼラブル」"Les Misérables" でフランス文学、
アンルイス,あゝ無情.jpg


「天使よ故郷を見よ」は「トマス・ウルフ」(Thomas Wolfe)の「天使よ故郷を見よ」"Look Homeward, Angel"でアメリカ文学。
アン・ルイス,天使よ故郷を見よ [B2].jpg


作詞、湯川れい子と作曲、NOBODYのコンビでヒットしたシングルが前二作あったので、それを受け継ぐことになったソングライター陣の作詞、川村真澄と作曲、西田昌史(マーシー)のコンビが同じ路線で三匹目を狙ったというよりも、(深読みしすぎかもしれませんが)ヒットの法則を逆手に取って文学シリーズを衒った(てらった)意匠だったのかもしれません。

「歌謡ロック」の金字塔とも言える「天使よ故郷を見よ」のB面には「FOUR SEASONS」が収録されており、こちらの曲は、打ち上げ花火が消えた後の暗闇と恋人が過ぎ去ってしまった後の暗い気持ちを重ね合わせた寂しさを綴った哀歌(エレジー)ですが、これがまた良い曲なのです。もしも、ドーナツ盤のレコードでなく音楽配信サービスのデジタル音源で楽曲を見かけたという機会があれば聴いてみて下さい。


ゴールデン☆ベスト アン・ルイス 1982~1992

ゴールデン☆ベスト アン・ルイス 1982~1992

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2009/09/16
  • メディア: CD



ゴールデン☆ベスト 1982~1992

ゴールデン☆ベスト 1982~1992

  • アーティスト: 石川あゆ子,松井五郎,岩里祐穂,Annie,柴山俊之,三浦百恵,吉田美奈子,湯川れい子,川村真澄,シャーリー
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2014/11/19
  • メディア: CD




see you.

アン・ルイス01[Live].jpg

postscript:

I just wrote my column about "Look Homeward, Angel" and Thomas Wolfe.
You may check it out, if you have some time and you wanna it.

ベストセラー13.jpg

66th Look Homeward, Angel
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/super/super66.html

ベストセラー14.jpg






タグ:Rock Pop JAPAN female
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。