So-net無料ブログ作成

Mastodon, Blood Mountain, Leviathan [heavy metal]

混沌、暴力、即興、進歩的。

今年に入って買った新譜を何枚か忘れないうちにご紹介しようと想います。これは新譜といっても昨年リリースされたみたいですが、買ったのは今年に入ってからでした。前々から気になっていたバンドですし、独特のジャケットに惹かれて買ってみました。しかも何故かレコード屋で安売りになってたので買いました。それが決め手です。

そです、気になっていたのはこのバンド、マストドン "Mastodon" です。結構、巷では人気もあるようです。そういえば昨年のラウドパーク06(LOUDPARK06)にも出演なさったようです。

LOUDPARK06
http://www.loudpark.com/

Mastodonの4th Album ブラッド・マウンテン"Blood Mountain"。買ったのは輸入版でした。

Blood Mountain

Blood Mountain

  • アーティスト: Mastodon
  • 出版社/メーカー: Reprise
  • 発売日: 2006/09/12
  • メディア: CD

コッチの初回限定盤だとオマケにライブの1曲が追加されているようです。

ブラッド・マウンテン(初回限定盤)

ブラッド・マウンテン(初回限定盤)

  • アーティスト: マストドン
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/10/11
  • メディア: CD

Mastodon is:

Bill Kelliher (vocals / guitar)
Brent Hines (guitar)
Troy Sanders (bass)
Brann Dailor (drums)

四人組の野郎達です。スタイルも昔っぽいですね。


Mastodon
http://www.mastodonrocks.com/

曲の感想は表現し難いですね。冒頭にも書きましたが、混沌(カオス, Chaos)、暴力(バイオレンス, Violence)、即興(インプロビゼィション, Improvisation)、進歩的(プログレッシブ, Progressive)といった単語が思いつきます。
そして1970年代の臭いもそこはかとなく感じさせてくれます。無理して准えるとキング・クリムゾン(King Crimson)がヘビィ・メタル(Heavy Metal)にやってる感じ?でしょうか???違うかなぁ。。。でも単にメタルの枠に納まるような楽曲ではなくて、もっと大きくて、既成の枠を壊してくれるバンドの様な気がします。

兎に角、ドラムがハードです。ドラムがつおい(強い)。川藤幸三、張本勲、そんな音です。

まさに巨大な哺乳類といった乾燥の芋です、マストドン(Mastodon)。

暴れまくって下さいな。今後も期待してます。

ところで以前のアルバムは聴いたことがまだ無いのですが、ジャケットが良いですね。2nd Albumの レヴァイアサン "Leviathan" ジャケットはまるで「白鯨(Moby Dick)」みたいだし。。。Moby Dick? Led Zeppelin? 目指せツェッペリンって事かな?

レヴァイアサン

レヴァイアサン

  • アーティスト: マストドン
  • 出版社/メーカー: ハウリング・ブル・エンターテイメント
  • 発売日: 2004/11/25
  • メディア: CD

是非、以前のアルバムも遡って聴いてみたいものです。

前の日記。

Last Autumn's Dream, Saturn Skyline, For The Young And The Wild
http://blog.so-net.ne.jp/kudo_detective_office/2007-02-19

Silent Force, Walk The Earth, Man & Machine
http://blog.so-net.ne.jp/kudo_detective_office/2007-02-15


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
ぐらはむ

>Moby Dick? Led Zeppelin? 目指せツェッペリンって事かな?
おお!ウマいですね。でもこのジャケ見てたらそんな感じしますね。
このバンド本当に○○みたい、、、ってので現せないですね。
この手のジャンルはあんまり聞かなかったけど楽しみなバンドです。
by ぐらはむ (2007-03-01 21:05) 

工藤俊作

ぐらはむ サン:人に伝えるの難しいです、マストドン。単純にラウドな訳ではないですし、太鼓の音数が多かったり、しかも結構、繊細なフレーズもあったり、時たま叙情的になったり。本当にこれからどう展開していくのか?楽しみでもありますね。でもバンド的には、これが頭打ちで展開しない場合もありますし、逆に駄目になっていくのは数限りなくあるパターンではありますけども。。。今後も頑張って欲しいです。
探偵の工藤より。
by 工藤俊作 (2007-03-02 01:05) 

のんたん

どこにコメント残そうかなーと迷いつつ、ここに書きますね。
People in Planes、やっと手に入れました。すでに中国のサイトから
ダウンロードして聴いてたんですけど、ジャケットとかもいいですねえ。
それとBURRN!を見たら、TRIVIUMが載ってまして、キイチ君若いすねえ!
若いわりに渋い声で、J.ヘットフィールドを思い出しました。
がならんで、普通に歌ってほしいなあ。いい声してるのだしー。
マストドンも疾走してました。また今後もいろいろご紹介くださいませ。
by のんたん (2007-03-03 00:41) 

工藤俊作

のんたん サン:People in Planes入手、オメデトウ御座います。ジャケットも良いですよね。BURRN!にもTrivium登場ですか?本格的に王道への道を猫まっしぐらですね。でも本当に普通に唄って欲しいですよ。Mastodonも負けずに頑張れ、デス。
探偵の工藤より。
by 工藤俊作 (2007-03-03 00:47) 

Facebook コメント

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。